HEARTBREAK HOTEL Grande

オモヒノカケラヲ、ツムグ、ヘヤ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

To Be The Plain

不幸とは

愛を手に入れるために

何かになろうとすること


逆を言うとすれば…


幸せとは

愛を手に入れるために

何かになろうとしないこと


つまり

自分のままでいる

自分の生き方をして

自分であろうとする


これが

幸せの一番の秘訣


ただし

今のままが 自分だとは限らない

だから

ややこしく 見えたりもする


今日も

幸せになりたくて

愛を手に入れたくて

他人を傷つけた人がいる


幸せになりたくて

自分を傷つけた人がいる


”知らないうちに反対のことをしている”

そんなことは よくあること


ホント どうしようもない

それでも 生きていく


何かになろうとして

なりきれないことを感じながら

なれないことを悟るために


そのうちに

なれる”自分”が 見つかるはずだ

哀しさ 優しさ 香しさ

スポンサーサイト

Self Confidence

自信とは

何かができるとか

何かをしたとかじゃない


”自分を信じること”

ただ それだけ

だから ”自信”って書くんだよ


やったことがないから

初めてだから 自信がない

必ずしも そうとは言い切れない


何度も勝っているのに

何度もうまくいっているのに

自信がない人だっている


そういうことを考えると

結局は 自分への想いだけ

根拠も何も要らない

自分を信じられるかだけ


そもそも

根拠を探そうとするところに

自信のなさがあるのだろう


こういうことをしてきたから…

そういうことがあったから…

”俺は自信を持っていいんだ”

と言い聞かせなければいけないのなら

その根拠を超えるようなことが

起きてしまった瞬間

自信は薄まっていくことだろう


自信は才能かもしれない

だから どこからでも生まれてきて

どこへでも根づくこともある


あなたも俺も ちょっとは持っている

ちょっとでもあれば 増やしていける

哀しさ 優しさ 香しさ

JIPANG

日本を 軽く見てはいけない


日本は その歴史において

新たな現実に直面し

文字通り 一夜にして

転換を成し遂げた実績を持つ


そんな奇跡を起こした国は

世界中 どこにもない


我々日本人は もちろん

日本人の良いところ 悪いところ

双方を知っている


そして 何かの使命があって

この日本に生まれたり

日本に住まされていることだろう


過去 いろいろな試練

転換期に当たっても

日本という国は

それを乗り越えてきた


日本という国に限らず

人は 何かにブチ当たれば

必ず それを乗り越えようと

自然に力が湧いてくる 性質なのだろう


今も 日本は

新たな転換期を迎えているけれど

軽く”倒れる”ような国ではあるまい


日本に住む我々一人一人も

軽く”倒れる”ような人に

なっては いけない

哀しさ 優しさ 香しさ

The New Ring

誰かに必要とされるということは

誰かの希望になるということ


自分は 未来があるように思われているか

それとも 未来がないように思われているか

自分は 柔軟に見えるか

それとも 強情に見えるか

自分は 自分から動く人か

それとも 他人に頼りっぱなしの人か…


そう考えてみれば

未来があるように思えて

柔軟で自分から動く人には

希望を感じることになる


そういう自分になりたい

そうすれば 必要とされるから…


でも 他人に必要とされる前に

自分が自分に必要とされる生き方を

見つけなくちゃいけない


世の中は

”勝ち組”は 未来があるグループで

希望も持てて 必要とされていて

”負け組”は 未来がないグループで

希望もなく 必要とされていない…

という分け方をしている


でも 俺は

その分け方は 単純すぎると思う

そうじゃないと思うんだよな

そうじゃなくあって欲しい


負けっていうのは

これまでの土俵やルール上では

負けているだけのことで

新しい土俵やルールを自らでこしらえれば

別の新しい勝負を始められるはずだ


そもそも

これまでの土俵やルールに希望を持てないのに

そこだけにしがみついて

いつまでも戦おうとするところに

希望が持てない原因もあれば

必要とされない結果もあるのだろう


自らの手で自分の活躍するべき

新しい土俵やルールを創り

魅せられる生き方をしなくちゃいけない


まず それが

”自分に希望を持つ”ということだ

哀しさ 優しさ 香しさ

Recognize Others

ものすごく頑張る理由も

闘い続ける理由も

旅に出掛ける理由も

泣いちゃう理由も

いじけちゃう理由も

逃げてしまう理由も

誰かを責めてしまう理由も


みんなどこかで通じている

”認めてほしい”というカタチで…


それが

人をやる気にもさせれば

あきらめる気にもさせる


認められそうなら頑張るけれど

認められそうにないならあきらめる


誰かの視線を感じる時には

一生懸命の姿を見せるけれど

誰も見ていないところでは

怠けたり ダラダラしちゃう


自分のものになるまで

誰かがずっと見守ってくれていて

励ましてくれたらいいけれど

世の中そういうわけでもない


自分は可憐な生き物だと認めても

他人には可憐さを認めない


自分は頑張ってると認めても

他人の頑張りには厳しい


認められたいけれど

認めてあげたくない


そんな矛盾があるから

どこかで苦しくなる お互いに


認めてくれと思うなら

認めてあげる感性も 必要

哀しさ 優しさ 香しさ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。